石川真佑がスタメン落ちはなぜ?不調を心配する声も【世界バレー2022】

スポンサーリンク

2022年9月24日(土)、オランダで世界バレー女子大会が開幕しました。

日本は第2次リーグに進出し、第1戦となるベルギーに勝利するなど好調な滑り出しです。

第1次リーグ後半から大活躍している石川真佑さんですが、第1次リーグではなかなかスタメン入り出来ませんでした。

ネットでも選手たちに対する応援する声とともに『石川真佑はスタメンじゃないの?』という声も。

実はブラジル戦まで石川真佑さんは、スタメンでは無くリリーフサーバーとしての登場が多かったのです。

そこで今回は石川真佑さんのスタメン落ちの理由を中心にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

石川真佑がスタメン落ち!【世界バレー2022】

バレーボール

2022年9月24日(土)、オランダで世界バレー女子大会が開幕しました。

日本は開幕の翌日25日(日)に初戦をコロンビアと戦いストレート勝ち。

また第2戦ではチェコと戦い、ストレート勝ち。

その後中国には負けてしまいましたが、強豪のブラジルに勝つなど好調です。

ネットでは、これまで選手達に対する応援の声がたくさんあがっていました。

その中で第1次リーグでなかなかスタメン入り出来なかった石川真佑さんに対して「スタメンじゃないの?」との声も。

石川真佑さんは第1次リーグのコロンビア戦では、リリーフサーバーとして出場。

続く第2戦のチェコ戦ではスタメン入りを果たしましたが、第1セットのみ出場でした。

日本代表だけではなく、所属チームでも主力選手といわれている石川真佑さん。

そんな石川真佑さんが今回スタメンに入る機会が少なかったことに驚かれた方が多いようです。

石川真佑の不調を心配する声も

石川真佑
https://sportsdonguri.com/ishikawa-mayu-589より引用

日本代表として、これまで好成績を収めてきた石川真佑さん。

石川真佑さんは、2019年に高校卒業。

卒業後、すぐに日本代表メンバー入り果たしました。

2019年4月に行われた『第20回女子U20世界選手権大会』チームのキャプテンとして出場。

MVPとベストアウトサイドヒッターに輝きました。

2019年8月には『バレーボール女子アジア選手権』に出場。

若手主体のチームでしたが、優勝を果たしました。

この大会では、MVPとベストアウトサイドスパイカー獲得しました。

その後も石川真佑さんの活躍は続き、2021年には東京オリンピックの代表メンバー入り

全5試合にフル出場をするなど、日本代表チームの主力選手の一人です。

しかし世界バレーでは石川真佑さんの姿をなかなかコートで見ることができませんでした。

そのため石川真佑さんが不調なのでは?と心配する声も上がっていました。

ファンの方から不調を心配する声が多くあがっていましたが、2022年10月現在、石川真佑さんが大活躍をしています!

世界バレーでスタメンで出場しないのは、不調が理由だったのでしょうか?

スポンサーリンク

石川真佑がスタメン落ちはなぜ?

石川真佑
https://sibmof.com/ishikawa-ponite/より引用

石川真佑さんが世界バレーでスタメン落ちしているのはなぜなのでしょうか?

個人的に石川真佑さんがスタメンから落ちることが多くなった理由を考察してみました。

石川真佑は不調が原因でスタメン落ち?

まず考えられるのは、石川真佑さんが不調ではないかということです。

実は石川真佑さんがスタメンから外れていたのは今回だけではありません。

2022年6月~7月に開催された『ネーションズリーグ』からスタメン出場の機会が減っていました。

しかし、全試合不調だったかというとそうではありません。

初戦の韓国戦では、スタメン入りし古賀紗理那選手に次ぐ14得点をあげました。

翌日のドイツ戦はスタメン入りを果たしたものの、攻撃が決まらず第3セットで交代

しかし続くタイ戦では、スタメンから外れたものの好サーブを連発し試合の流れを変えました。

世界バレーでも、リリーフサーバーとしてサービスエースを決めるなど好調です。

石川真佑さんは、完璧に不調というよりは日によって並がある状態に感じました。

過去エースと呼ばれてきた選手の方達も壁にぶつかった時もあります。

石川真佑さんも将来エースとなる選手だと思うので、今の状態は成長過程なのかもしれません。

石川真佑のスタメン落ちはライバルの好調が原因か

次に考えられるのは、ライバルである井上愛里沙さんが好調ということです。

石川真佑さんと井上愛里沙さんは同じ『アウトサイドヒッター』というポジション。

井上愛里沙さんは、『ネーションズリーグ』で対ドミニカ共和国戦でチーム最多26得点を上げるなど好調。

世界バレーでも初戦からスタメン入りし、チーム最多得点を獲得するなど日本の勝利に貢献しています。

井上愛里沙さんの好調ぶりから、同じポジションである石川真佑さんがスタメンから外れた可能性も考えられます。

スポンサーリンク

石川真佑のプロフィール

石川真佑
https://hironaka0407.com/mayu-isikawa-muscle-thighs/より引用

石川真佑

生年月日:2000年5月14日

出身地:愛知県

身長:174cm

体重:65kg

血液型:AB型

所属:東レアローズ

まとめ

今回は石川真佑さんのスタメン落ちの理由を中心にご紹介しました。

石川真佑さんのスタメンから外れた理由として考えられるのは2点。

日によって石川真佑さんの調子が異なる日があること。

またライバルである井上愛里沙さんが好調なことが原因の可能性が高いかもしれません。

2022年10月現在、石川真佑さんは22歳と若い選手です。

今後日本のエースとして活躍する可能性が高く、今回の経験も含めてこれからもっと成長する選手だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、MARUと申します。
当サイトでは、話題になっているニュースやエンタメを中心に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次