アンヒョソプ時をかける愛(君の時間の中へ)に対するネットの反応まとめ

スポンサーリンク

社内お見合いに出演中のアンヒョソプさんがNetflixオリジナルシリーズ『君の時間の中へ』に出演が決定しました。

君の時間の中へ』は、2019年に台湾で放送された『時をかける愛』のリメイク版となります。

この作品でアンヒョソプさんは、一人二役に挑戦します。

物語は、1年前に亡くなった恋人を懐かしんでいたジュンヒ(チョン・ヨビン)がタイムスリップし、恋人と同じ顔のシホン(アン・ヒョソプ)に出会うことから始まります。

台湾の大人気ドラマで、日本でも人気の高い作品でそのリメイク版とあって放送前からネットでは期待が高まっています。

今回は、時をかける愛(君の時間の中へ)の韓国版キャストや台湾版でのドラマ内容についてまとめました。

また、時をかける愛がリメイクされることに対してのネットの声もご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

『君の時間の中へ』でアンヒョソプは何役?

君の中の時間へキャスト
https://twitter.com/hashtag/%E6%99%82%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%91%E3%82%8B%E6%84%9Bより引用

社内お見合いに出演中のアンヒョソプさんがNetflixオリジナルシリーズ『君の時間の中へ』に出演が決定しました。

4月から撮影がスタートする予定でまだ放送日時の詳細は発表されていません。

今回、アンヒョソプさんは『君の時間の中へ』で一人二役に挑戦します。

ジュンヒ(チョン・ヨビン)の彼氏であるク・ヨンジュンと、ジュンヒがタイムリップ先(1998年)で出会うヨンジュンそっくりな少年のナム・シホンの二役です。

アン・ヒョソプが、ジュンヒの彼氏であるク・ヨンジュンと、彼とそっくりの1998年の少年ナム・シホンの一人二役に挑戦する。長い間ジュンヒだけを思ってきたヨンジュンの純愛から、イケメンかつ活発な性格で女子生徒たちの人気を独占するシホンまで、初々しさと成熟さを兼ね備えたアン・ヒョソプが、2人の人物をどのように描くのか、好奇心をくすぐる。

(出典:Kstyle3月31日より引用)

一つのドラマで違った魅力のアンヒョソプさんを見る事が出来そうですね!

少年役ということでアンソヒョプさんの制服姿も見られるかもしれません。

異なった性格の二人をどのように演じ分けるのか今から楽しみです!

アンヒョソプさんの次回作が決定が発表されるとネットでは、

と、放送前から楽しみにされている方がたくさんいらっしゃりました。

スポンサーリンク

『君の中の時間へ』他の配役は?

チョン・ヨビン(ジュンヒ役)

このドラマでアンヒョソプさんの相手役となるのが、女優のチョン・ヨビンさんです。

チョンヨビン
https://joah-girls.com/articles/ZhyiLより引用

チョン・ヨビンさんは、1989年7月26日生まれの現在32歳。

2015年の映画『背徳王宮』で、デビュー。

その後は、映画『罪深い少女』(2018年)『シークレット・ジョブ』(2020年)やドラマ「恋愛体質 ~30歳になれば大丈夫』(2019年)『ヴィンチェンツォ』に出演。

映画祭などでも数々の賞を受賞している今注目の女優です。

過去に出演した作品では、様々な役を演じてきた演技派の女優なのでどのように細かい心理描写を表すのか期待しています。

今回チョン・ヨビンさんも1年前に恋人を亡くしたハンジュンヒ役と、1998年を生きるクォン・ミンジュ役の一人二役に挑戦するようです。

偶然始まったタイムスリップで1998年を生きるクォン・ミンジュの体に入ったハン・ジュンヒ。チョン・ヨビンは顔は全く同じだが、性格は正反対の2人の人物を同時に演じ、多彩な魅力を披露する予定だ。恋人を失った悲しみから、そんな恋人と似た人と出会ったショックと混乱まで、繊細に描く彼女の活躍に期待が高まっている。

(出展:Kstyle3月31日より)

カン・フン(チョン・インギュ役)

カンフン
https://danmee.jp/knews/koreandrama/koreanactor-topic-200/より引用

カン・フンさんは、1991年5月23日生まれの現在30歳。

 2009年短編映画『輪』でデビュー。

その後も短編映画『ティファニーと永遠に』(2011年)、『君の意味』(2015年)など短編映画を中心に活動していました。

2017年『オフィスウォッチシーズン1』のドラマ出演を皮切りにその後はドラマでも活躍。

ドラマ『新米史官ク・ヘリョン』(2019年)や『袖先赤いクットン』(2021年)などに出演しました。

カン・フンさんは短編映画で実力を磨き、またあらゆる表情を使い分けることが出来る実力派の俳優です。

前作の『赤い袖先』でも本心が分らない難しい役を演じていたので、今回どのように役を演じるのか、今から楽しみです。

そんなカン・フンさんが今回演じるのは、ミンジュに片思いをしているチャン・インギュ役。

チョン・インギュは、ひそかに片思いをしてきたミンジュが好きなのは、自身の親友であるシホンであることを知り、友情と愛の間で葛藤する人物だ。カン・フンは18歳の少年の初々しく純粋な愛で女心をときめかせる予定だ。

(出展:Kstyle3月31日より)
スポンサーリンク

アンソヒョプ出演『君の中の時間へ』の原作『時をかける愛』のドラマ内容は?

時をかける愛
https://www.bs11.jp/drama/tokiai/より引用

『時をかける愛』は2019年に台湾で放送されました。

このドラマのおおまかなあらすじは、

主人公ホァン・ユーシュエンの恋人ワン・チュエンションが2年前の飛行機事故で行方不明に。恋人を忘れられない主人公はあるきっかけで彼にそっくりな人物の写真を見つけた。そしてその隣には自分にそっくりな女の子が写っていた。写真の人物を調べようとした主人公は、不思議な夢をみる。するとそこは2019年の台北ではなく、1998年の台南だった…。

という内容から物語がスタートします。

台湾版の時をかける愛は、時代が切り替わりまた恋愛要素だけではなく事件が絡んでくるドラマ内容になっています。

時代が行き来して途中混乱しそうになるのですが、心理描写も丁寧に描いていてどんどん物語に引き込まれていく作品です。

時をかける愛のネットの反応

実際に視聴された方々は、

と、とても満足度の高い作品となっているようです。

時をかける愛のリメイク版に関する声

原作を視聴した方が、リメイク版が製作されることに対して

と、期待する声が多かったです。

しかし、一方ではこんな声も上がっていました。

なかには、配役に対するイメージが違ったという方もいましたが期待する声の方が多かったです。

まとめ

今回は、時をかける愛(君の時間の中へ)の韓国版キャストや台湾版でのドラマ内容についてまとめました。

また、時をかける愛がリメイクされることに対してのネットの声もご紹介しました。

原作の『時をかける愛』がとても良い作品となっているので、リメイク版に対しても皆さんの期待が高く感じます。

来週でアンソヒョプさんが出演されている『社内お見合い』は放送が終了してしまいますが、次回作も楽しみですね!

放送情報などの詳細が分かり次第またご紹介出来たらと思っています。

最後まで見て頂きありがとうございました。

【関連記事】

あわせて読みたい
【画像・動画】アンヒョソプ、キスシーン耳が赤い!過去出演作も検証 Netflixで配信中の韓国ドラマ『社内お見合い』に出演しているアンヒョソプさん。 アンヒョソプさんは、韓国のみならず日本でも人気上昇中の俳優です。 端正な顔立ちだけ...
あわせて読みたい
【画像25選】アンヒョソプ(カンテム役)がかっこいいと話題!前髪を下ろした写真についても 先日、韓国ドラマ『社内お見合い』でアンヒョソプさんが前髪を下ろした姿で登場。 するとネットでは、「かっこいい!」「優勝!」と、前髪を下ろした姿がかっこいいとの...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、MARUと申します。
当サイトでは、話題になっているニュースやエンタメを中心に情報発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる